鹿角霊芝とアガリクス

鹿角霊芝とアガリクス

鹿角霊芝は、現在栽培されているキノコ類の中で高分子多糖体であるβグルカンを最も多く含有(キノコ類NO.1)しており、下記グラフが示す通りβグルカン含有植物として最も有名なアガリクスを軽く凌ぐばかりか、βグルカンの種類の中で最も医療機関が注目するβ1・3Dグルカンが主(キノコ類NO.1)として含有されているのです。
アガリクスの主たるβグルカンは(1・6)、メシマコブは(1・4)、鹿角霊芝とハナビラ茸のみが(1・3)Dグルカンを主として含有しているのです。
つまり、目的とするβグルカン(β1・3Dグルカン)を摂取するにあたり、最も少量で済む植物が「鹿角霊芝」ということになります。

以下の図は鹿角霊芝とアガリクスのベータグルカン含有量を比較したものです。
中でも、Β(1→3)グルカンは医薬品として認可されております。
特にΒ(1→3)グルカンに注目して、グラフを見てみてください。

beta.gif

上図のように、アガリクスと鹿角霊芝ではΒ(1→3)グルカン含有量は天と地ほど違います。

また、一般の霊芝と鹿角霊芝を比較しても、鹿角霊芝のベータグルカン含有量はおよそ3倍!

それだけ優れた健康食品であるということがいえます。


純国産 鹿角霊芝のご注文はこちらから!



純国産 鹿角霊芝 高濃若芽100% 明蘇寿(みょうそうじゅ)【美容と健康のシーナ】


◆販売元: 株式会社シーナ
◆所在地: 福岡県福岡市博多区博多駅前4-18-19-7F
● お支払: 代引のみ
● 発送業者及び商品引渡時期: ヤマト運輸 佐川急便 ご注文より1週間以内
● 商品以外にご負担頂く代金: 消費税 配送料(全国一律500円)
● 返品について: 未開封のものに限り受付、商品到着後10日以内


posted by コーちゃん at 14:32 | 鹿角霊芝
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。